アイシャドウの種類

アイシャドウの種類は、1色だけ(単色)のものから2〜4色以上入ったパレット状のものなど様々です。サラサラの粉または粉を固めたケーキ状のものになっていてチップやブラシ、または指にとって使用します。
パレット状のものは、とくにまぶたの際に使用するいわゆる「締め色」と呼ばれる明度の低い濃い色と、 まぶた全体にぼかして使用する明度の高い淡い色が、それぞれ1色以上ずつ含まれていることが多く、このような色の濃淡の組み合わせやグラデーション効果で、立体感のある目もとが作りやすい。
パレット状
クリーム(ムース)タイプのアイシャドウはポットなどからチップ、または指にとって使用します。単色でもつや感を出すのに適しています。
リキッドタイプは小さいボトルもしくはチューブに入っているものが多く内蔵のチップやブラシ、または指にとって使用します。こちらも単色でもつや感を出すのに適しています。
クリームタイプ/リキッドタイプ

 前のページに戻る