アイシャドウの選び方

メイクで色味を出すときに参考になるのがもともとの肌の色です。 肌の色は大きく分けて2種類、「イエローベース」と「ブルーベース」に分けられます。 日本人に多い、全体的に黄みが強いのがイエローベースの肌で、黄色系・オレンジ・ベージュ系のアイシャドウがよく似合います。 ブラウン系ももちろん似合いますが、冒険したい時には黄色系が入ったシャドウを選びましょう。 ブルーベースの肌は全体的に青み、ピンクがかった肌色で赤・ピンクなどの色がよく似合います。 シャドウにピンクを取り入れるのは難しいですが、今流行りの赤シャドウがよく似合うのがブルーベースの肌の人です。
イエローベース
肌の色で選ぶ
イエローベース・ブルーベースなどの肌色とは別に、色白か色黒かでアイシャドウを選ぶこともできます。 ・色白の方にオススメ!ピンク系アイシャドウ 色白の方はアイシャドウの色が出やすいので、ピンク系がオススメです。 ただし、アイホール全体にピンク系のアイシャドウを使うとまぶたが腫れぼったく見えることもあるので、目尻だけなどポイントとして使いましょう。 ・色黒の方にオススメ!ブラウン系アイシャドウ 色黒の方は肌になじみの良いブラウン系のアイシャドウがオススメです。 しっかりメイクしたい時でも、少しナチュラルにしたい時でもブラウンカラーなら思い通りのイメージにしやすくなります。
肌色
その他にも、一重か二重かでも自分に似合うアイシャドウを選ぶことができます。

一重

グリーン系やブルー系のアイシャドウ
厚化粧に見えないようにポイントメイクとして色を取り入れましょう。

奥二重

パープル系のアイシャドウ
女性らしい目元を演出し、シャープな印象にすることができます。

二重

ブラウンのアイシャドウを単色使い
あまり色を冒険しすぎると濃くなったり、きつい印象になってしまうので注意が必要です。 グラデーションが似合うのも二重まぶたの人の特徴です。

 前のページに戻る