ファンデーションの歴史

歴史は古く、 古代ローマやギリシャ人の間で使われたのが始まりと言われています。かつて、白い肌は特権階級のシンボルとして考えられており鉛白(えんぱく)を塗って顔を白くみせていたそうです。 しかし白い肌への憧れが薄れ、ダークな肌が流行した時代もありました。それは、ペストが大流行した17世紀の英国、チャールズ2世の時代でした。女性達は家から出ること無く、白い肌を隠すためにダークな色のファンデーションをつけていたとも言われています。
フォンデーションの歴史1
日本でも昔は、鉛白のおしろいで顔を真っ白に塗っていたのですが、鉛白は毒性が強く健康被害の恐れがあることから、1934年に鉛白を使用したおしろいは製造禁止になりました。しかし、鉛白入りのものの方が美しく見えるとされ、それでもなお、かなりの需要があったといいます。
フォンデーションの歴史2
1914年にマックスファクターによって今のようなファンデーションが作られ、肌の色にあうより自然な色や種類のファンデーションが作られるようになりました。現在では、ケーキタイプ、パウダータイプ、クリームやリキッドタイプ等さまざまなタイプのものから自分の肌にあわせて選ぶことでき、肌の健康を害することのない良質なファンデーションが女性の美しさをより際立たせてくれています。
フォンデーションの歴史3

 前のページに戻る