ブロンザーの使い方

海外ではブロンザ―を使った手法は2種類あり、ひとつはコントゥアリングといい、日本ではシェーディングと呼ばれています。もうひとつはブロンジングといい、ブロンザ―をシェーディングで塗らないところ、目の下や鼻筋、おでこの中央や頬骨といった顔の高い部分・日の当たる部分に使用することで、健康的な日焼け感を演出します。マットタイプのブロンザ―はよりシェーディング向き、パールやラメ入りのブロンザ―は肌を華やかに見せ、ブロンジングに向いています。すでに欧米では必須アイテムとなっているブロンザ―は日本でもこれから注目のコスメアイテムです。
ブロンザー

 前のページに戻る